最近需要が高まっている化粧品輸入代行会社【手軽に利用可能】

最新記事一覧

化粧品販売に必要な許可

婦人

許可なしでも販売は可能

化粧品は薬事法の規制対象になっているため、日本でビジネスを始めるには行政の許可を取らなければなりません。自社で化粧品を製造販売する場合は、化粧品製造業許可と化粧品製造販売業許可の2種類が必要です。化粧品製造業許可は厚生労働大臣に申請しますが、製造が認められるだけで販売することは許されません。化粧品製造販売業許可は都道府県知事に申請し、販売する品目ごとに届け出る義務があります。いずれも取得するには面倒な手続きが必要ですが、両方とも持っていなくても、販売するだけなら可能です。たとえば化粧品輸入代行サービスを利用して、海外の化粧品を輸入販売するという方法があります。このとき化粧品輸入代行会社は、化粧品製造販売業の許可を持っていなければなりません。そして販売する化粧品のパッケージには、自社の名前とともに化粧品輸入代行会社の名前を記載する必要があります。自社の名前だけで化粧品を販売したいなら、自社で化粧品製造販売業の許可を取る必要があります。許可を取るには薬剤師などの専門家を常時雇用していることが条件になり、安全管理や品質保証に重い責任を負うことになります。化粧品輸入代行会社の中には、司法書士のように許可申請の代行をしている業者もあります。自社でOEM生産をしたいときは、化粧品製造業の許可も取らねばなりません。取得条件はさらに厳しくなりますが、一部の化粧品輸入代行会社からサポートを受けることもできます。

おすすめ記事一覧

化粧品

外国の化粧品を購入したい

海外の化粧品を購入したい場合、化粧品輸入代行サービス会社を利用するのが人気です。化粧品輸入代行サービスを利用するには、まず購入したい化粧品が薬事法に抵触しないか確認し、問題なければ複雑な輸入手続きを全て行ってくれてお手元に届けてくれます。

メイクアップ

輸入には様々手続きが必要

化粧品を輸入するためには化粧品製造販売業許可を得る必要がありますが、化粧品輸入代行業者を利用すれば自社で許可を得なくても輸入することができるので、手続きにかかる時間や業務が不要になります。化粧品輸入代行業者にはそれぞれ得意分野を持っているところが多いため、選ぶ時には無料相談をすると良いでしょう。

メイク道具

海外から取り入れる

海外の化粧品を使用する機会は増加してきました。しかし、簡単に輸入するのは難しいので化粧品輸入代行業者に依頼するのがおすすめです。業者であれば輸入に関するノウハウを豊富に持っています。まずは問い合わせから初めてみましょう。

ウーマン

海外製の化粧品を販売する

海外製の化粧品を販売するには、成分や安全性を確認する必要があります。その作業を代わりに行ってくれるのが、化粧品輸入代行業者です。代行に必要な費用は依頼する会社によって異なるので、しっかりとチェックする必要があります。スムーズに海外製の化粧品を販売できるため、評価は概ね上々です。

Copyright© 2017 最近需要が高まっている化粧品輸入代行会社【手軽に利用可能】 All Rights Reserved.